プレーリーダー宣言

特定非営利活動法人 日本冒険遊び場作り協会 HPからの転載です。

解説
プレーリーダー宣言とは、2002年2月におこなわれたプレーリーダー全国集会「遊学祭(あそまなまつり)」にて発表されたものです。

この宣言は「プレーリーダーが社会に向けて発信したいこと」と「プレーリーダー自身にとって自分を振り返る鏡のようなもの」という2つの意味を含んでいます。子どもが遊ぶ現場で最前線に立っている者として、「今、子どもが置かれている状況」の問題をシッカリと提起し、そして、子どもがいきいきと遊べるような社会に変えていくための宣言です。

宣言は子どもの遊びを支えようとする大人にとっても、厳しく響くと思います。しかし、決して「これをやれていないヤツはダメなんだ」と突きつけるためだけではなく、子どもに関わるあらゆる人へプレーリーダーからの「一緒に子どもの遊びを支えていこう!」という呼びかけなのです。宣言のような気概を持った大人たちによってこそ子どもの自由な遊びは保障されるのではないでしょうか。まさにわたしたち一人一人の取り組みが必要なんだ、という気持ちを新たにしました。

この宣言文を活動の中で利用し(メンバーで読み、話す。広報誌に載せるなど)、自分たちの糧にしながら、いろいろな手だてで「プレーリーダー」を正しく伝えていくツールの一つとして使ってみませんか。



プレーリーダー宣言

遊ぶからこそ子どもは生きる。

遊びは子どもにとって、食事や睡眠のように生存と成長のために欠かせない。それは芸術のような魂の表現であり、哲学のような存在の証明であり、旅のような精神の修養であり、航海のような未知への冒険であり、人間関係をつむぎ上げる文化そのものなのだ。

一方、冒険を恐れる大人たちは、失敗することをひどく嫌い、金で買える物や点数で計れるものばかりに心を奪われ、自分が子どもの命の道筋を先導できると錯覚し、大人の思い通りにならない子どもの自由な遊びを無視し、ときには排除すらしてきた。

その結果、子どもはその体の中に秘めた、生きる原動力たる生命力を発揮する術を奪われ、聞き分けのよい「小さな大人」でいることを強いられている。

「今」を生きることを許されない子どもたちは生きる実感を持つことができない。

子どもから自由な遊びを奪おうとするあらゆるものたちよ。

子どもに自由な遊びを返還しようではないか!

そのために力を注ごうとする人たちよ。

立場を超えて手をたずさえよう。

我々は感じなければならない。生きる実感を持たない人間がつくりだす社会のむなしさを。

我々は知らなければならない。遊びを通してでしかつむげない人間関係があることを。子どもが子どもだからこそ持ち得る自由と力を。

我々は思い出さなければならない。時間を忘れて遊んだことを。心の底から笑えたことを。居場所を奪われた悔しさを。本気でぶつかり合う仲間がいたことを。

二度と来ない子ども時代。そこに生きることの根源がある。

プレーリーダーは、子どもが自由に遊び、いきいきできる環境を実現することを目的に行動する。

一、子どもが主役の遊び場をつくる
一、子どものありのままを受けとめる
一、子どもと人として対等な関係を築く
一、遊びから見える子どもの姿を発信し続ける
一、子どもの遊びを重視できる社会へと意識の転換を図る

プレーリーダーは以上のことについて、常に自己研鑚する事をここに宣言する。


2002年2月11日
第一回全国プレーリーダー遊学祭
[PR]
# by toyotapp | 2008-06-30 17:40 | プレーパークとは

プレーパークは地域住民が運営します

「公的な機関だけにまかせておけばいい」「だれかがやってくれる」という発想では、このような禁止事項のない遊び場はつくれません。
地域の住民が連携し、「自分たちはどうしたいか」を常に話し合いながら、自らの手で自由な遊び場をつくりだします。
現在豊田市は、鞍ヶ池公園で行政と共働でプレーパークづくりを進めています。今後地域住民による世話人会を発足させ、行政の援助を受けながらプレーパークづくりを進めていく予定です。
[PR]
# by toyotapp | 2008-06-30 17:25 | プレーパークとは

スタッフの声1

 自分の子どもを自然の中でのびのびと遊ばせたい。きっかけは、母としてのそんな思いだけでした。
 でも、プレパを知り、子どもの遊びの奥深さを知り、今の子どもたちには絶対必要だと思うようになりました。子どもは本来「危ない・汚い・うるさい」もの。やりたいという気持ちは、そのまま生きるエネルギーとなります。しかしながら、子どもが本気で遊ぶとき、「危ないから・汚れるから・うるさいからやめなさい」と制止してしまう。社会全体が、子どもの本質を受け入れられなくなってきているような気がします。子どもが子どもらしくいられる場所。本気で遊べる場所。そんな場所が「生きる力」を培うためには必要ではないでしょうか。「生きる力」の根っこを生やすことができた子は、困難に出会ったときに自分の力で乗り越えていけるでしょう。

 プレパで太~い根っこを生やしてもらいたいと思います。


【by じゅん】



 プレーパークの活動を始めて早3年半が過ぎました。

今年からは鞍ヶ池の森の中で遊んでいます。野イチゴ、甘い!クモの卵、ウジャウジャ!チッ、靴が木にはさまって、降りれないじゃん!この靴あかんなー・・・。あっ、スタッフの仕事忘れてた。アンケート用意しなくちゃ!そ・う・い・え・ば、わが娘達は・・・?おーいたいた。何やってんだろあの子達。と、こんな風にしてプレーパークでの一日が過ぎていきます。日常をリセットできる私のお気に入りの場所なのです。


【by かにかに】



 私にとってのプレーパーク・・・大好きな仲間がいる私の居場所

  そこには穏やかな時間が流れている。あれもこれもやることを置き去りにして、自然の中で子どもとのんびり過ごす。誰にも干渉されず、好きなことが出来る。でも放任ではない。温かく見守る人たちがいる、だから自由でいられる。大人の私がこういう気持ちだから、きっと子どもたちもそうだろうと思う。こんな場所って他にそうはない。人と関わり、自然と向き合い、そうやって心を育んでいくことがとっても大切な事だと思う。そしてそれはきっと大人でも子どもでも同じ。来る人によっていろいろな表情を見せる場所・・・次はどんな出会いがあるだろう。


【by えりちん】
[PR]
# by toyotapp | 2008-06-30 17:21 | Voice

スタッフの声2

 一般の公園は規制だらけの上、順番を守らなきゃいけない暗黙のルールがあったりして、楽しそうにブランコに乗っている我が子に「代わってあげたら?」なんて思いもしない言葉をかけてしまう自分も嫌でした。
「順番を守ることは大切なことだけ」とは言いませんが、我が子に好きな遊びを思う存分して欲しい!!という思いで会に入りました。
プレパに行くたびに我が子の成長、新たな発見、何より満足して帰る姿を見ることが、親である私のうれしい瞬間です!

遊び終わった子の目は本当にきらきらです☆
毎回どんな子に会えるか楽しみです♪


【by しほり】



プレパの魅力にひきよせられ、はまってしまった私。これからもいろんな人との出会いを大切に楽しみたいです。

【by たば】



 4月から新しく仲間に入れてもらったばかりですが、とっても居心地がよいです。
 私は名古屋から移り住んだんですが、地元の友達などはもちろんいないので、未だに友達少ないんです(泣)。なので、ほんとうれしいです。

 只今、一男二女の小さな子供たちの子育てに奮闘中。自分自身まだ精神的に子供のせいなのか、つい家の中でキーキー怒ってしまいます。ー反省ー 相手は可愛いはずの我が子なのにね~...

 そんな時は週末、簡単なおにぎり弁当を作って、外へ繰り出します。 
親子揃って、おいしい空気を吸って、全身使って自然を体感すれば、気分もス~ッとします。


【by みゆき】
[PR]
# by toyotapp | 2008-06-30 17:19 | Voice

スタッフの声3

子どもが子どもらしく居られる場所。

私が私らしく居られる場所。

子育てって自分一人で抱え込まなくっていいんだ・・・ってそう思えた場所。

子どもは、子ども同士の関わりの中で学び合い、育ち合う。

子どもが伸び伸び自由に遊んでいる姿を、温かい目で見守る大人達がいる。

そんな居心地のいい場所で、我が子達は開放されてます。

ここには、子どもにとっても私にとっても幸せな時間が流れています。


【by たか】



[PR]
# by toyotapp | 2008-06-30 17:16 | Voice

愛知県豊田市に常設の冒険遊び場「プレーパーク」を作ろうと活動しています★
by toyotapp
プロフィールを見る
画像一覧

携帯サイト
こちらをご利用ください

cmanで作成しました

お問い合わせはこちら
無料カウンター
《ひとこと》
カテゴリー別に見て行くと、読みやすいと思います
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Facebook

フェイスブックも見てね049.gif

facebook
「とよたプレーパークの会」

会の活動や思いをお伝えします
facebook
「鞍ヶ池プレーパーク」

豊田市の鞍ヶ池公園で毎月開催しているプレーパークの様子などをお伝えします。

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな